ディスク容量がすぐに不足してしまいます(デジタルカメラなどの画像を掲載している)

最近のデジタルカメラなどで撮影したデータは、一般的に非常に大きなサイズ(高解像度)の画像となります。
これらは紙への印刷時などに違いが現れますが、通常、ブログに用いる場合にはこれほど高い解像度を必要としません。

解像度が高い画像ほどファイルサイズが大きくなります。これらのファイルを次々にアップロードされているとディスク容量がすぐに不足してしまいます。

そのほか……
* データサイズが大きすぎるため通信に時間がかかる。
* 画像を閲覧したユーザーのハードディスク容量を圧迫する(画像はキャッシュとして閲覧したPCに保存されるため)。
* 画像が大きすぎるためにブログのデザインが崩れてしまう場合がある。
といったデメリットがありますので、PCや携帯電話などで表示することを前提としている画像については、ファイルマネージャーにアップロードする前に縮小を行うことをおすすめします。

 ここではWindowsXPを前提として、「ペイント」を用いた画像の縮小方法を紹介します。ファイルマネージャの容量圧迫にお悩みの方はお試し下さい。

1.ペイントを起動する
スタートボタンよりプログラム>アクセサリ>ペイントでペイントを起動しましょう。

2.画像を読み込む
ペイントのメニューからファイル>開くを選択し、画像を選択しましょう。
画像が.jpgなどの拡張子であればペイントで扱うことができます。

3.画像を縮小する
ペイントのメニューから変形>伸縮と傾きを選択しましょう。
伸縮の【水平方向】と【垂直方向】が100%になっているので、この値を変更しましょう。
仮に半分にしたいということでしたら【水平方向】と【垂直方向】をそれぞれ50%に設定します。
※水平方向と垂直方向の縮小率が違うと画像の縦横比が崩れます。ここでは必ず同じ値を設定しましょう。

4.画像を保存する
ペイントのメニューからファイル>名前を付けて保存を選択し、任意の名前を付けて保存を行います。
ファイルの種類のセレクトボックスはJPEGを選択しましょう。それ以外の種類を選ぶと、かえってファイルサイズが大きくなってしまう場合があります。
※ファイル名は英数字で設定する方が好ましいことが多いです。

 以上で画像の縮小は終了です。保存したファイルを確認してみましょう。多くの場合で、元々の画像よりもファイルサイズが小さくなっていると思われます。


posted by シーサー at 14:49 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。